歯にできる黒い物

みなさんの歯はピカピカの白い歯でしょうか?
歯に黒い点や黒ずみができたら、目立ちますので気になりますよね。
そんな黒い点や黒ずみが今回のテーマです。

まずそれらができる原因としては、
・虫歯
・歯周病
・歯の神経をとった場合
・金属の詰め物
・喫煙や着色性のある飲食物による影響
・薬の副作用によるもの
以上のようなものがあります。

・虫歯
虫歯の影響により歯に黒い部分ができます。
ミネラルやリンなどがなくなるせいで黒くなります。
そして特に痛みなどがなくても、中で虫歯が進行している可能性もあります。
気になる方は、早めに歯科医師の診察を受けましょう。
虫歯だった場合は、黒ずみに薬剤塗布や削ったりして治療をします。

・歯周病
歯周病の影響により歯が黒ずんでしまうことがあります。
関係するのが、急性壊死性潰瘍性歯肉炎と呼ばれるものになります。
口腔内では普段様々な微生物がバランスを保っています。
そのバランスがストレスや体調不良により崩れて発症しやすくなりますので、
日頃からストレスをためないようにすることや、
栄養バランスの整った食事等を取ることを心掛けましょう。
毎日の歯磨きなどをしっかりとして口腔内環境を整えることも大事になります。

・神経の治療をした歯
歯の神経が死んでしまった時や、歯の神経をとる治療をした後は歯の色が黒っぽく変色していきます。
歯の神経が入っている管には血管も入っており、歯に栄養を供給する役割もあります。
しかしながら何らかの影響により歯の神経をとってしまうと、歯に栄養がいかなくなり代謝が起こらなくなります。
そのせいで歯の組織は抜いたあとの状態から変わることがないため、次第に黒ずんでいってしまいます。
そして歯の神経がないと虫歯や何か異変が起こっても痛み等がでないため、気づきにくくもなります。
特に前歯の部分が黒ずんで目立つのが嫌な方は多いと思います。
なので最終的な治療で被せ物をします。
種類はセラミックスや金属の物があります。

・金属の詰め物による影響
歯に詰めていた金属が唾液によりイオン化する影響で、
歯や歯茎を黒く染めてしまうことがあります。
再度黒くなってしまうのを防ぐ時は、詰め物の種類を金属からセラミックス等に変える必要があります。

・喫煙や着色性のある飲食物による影響
タバコのヤニや紅茶やワインやコーヒー等の着色性のある飲食物により歯が黒ずんでしまうことがあります。
歯が染まっているだけなので健康には害はありませんが、
自分で落とすのが難しい場合があります。
そういう時は歯科医院で歯のクリーニングをしてもらい着色を落とすか、
歯のホワイトニングをして色素を落とす等の方法があります。

・薬の副作用による影響
抗生物質等のテトラサイクリン系の薬は歯に影響を与えることがあります。
お母さんのお腹の中にいる時や、幼少期に薬を服用すると歯に影響を与えることがあります。

以上のようなことが原因で歯の黒ずみはおこります。
いずれも自身で解決するのは難しいため、歯科医院で診察をうける必要があります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、これら黒ずみのご相談も随時受け付けています。
お悩みの方はお気軽にご相談ください。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイスデンタルクリニック

年中無休で診療しております。お気軽にお電話ください。

042-785-5397

診療時間
10:00∼14:00
15:30∼21:00

※ 夜21時まで診療いたします。 詳細はお電話でお問い合わせください。

ページトップへ