インプラント

インプラントIMPLANT

インプラント治療とは?

歯を失ってしまった場合の治療法の1つがインプラント治療です。

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分の顎に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、埋め込んだインプラントにセラミックなどで作った人工の歯を取り付ける治療法です。

インプラントを顎の骨に埋め入れるための外科手術が必要になるなど、時間と費用がかかる反面、まるで自分の歯を取り戻したかのような噛み心地や噛む力を手に入れることができることが大きな魅力です。

インプラントのメリット

・本来の噛む力を取り戻すことができる

インプラントは、天然の歯の80%近くまで噛む力が回復します。

・見た目が良い

白いセラミックなどでできた人工の歯を取り付けるため、元の自分の歯と変わらない見た目になります。入れ歯のように金属部分が目立ってしまうことなく、美しい見た目に仕上げることができます。

・毎日の食事で痛みを感じることがない

入れ歯の場合、自分の歯に合っていないと違和感があったり、痛みを感じることがあります。しかし、インプラントではそういったリスクがありません。

・他の健康な歯に影響が少ない

入れ歯やブリッジでは、他の歯に金属をかけたり、削ったりするために、健康な歯に大きな負担をかけてしまいます。

しかしインプラントは人工の歯根を埋め込み、独立した形で人工歯を装着するため、他の健康な歯への影響が少なくて済みます。

インプラントのデメリット

・保険外治療なので費用が高い

インプラントは、保険が適用されません。専門の医療機器が使われるために、治療費が高額になる傾向があります。

・治療期間が長い

診察やカウンセリング、治療計画の策定に時間がかかります。インプラントと骨が定着するまでにも、一般的に3ヵ月以上は要します。

インプラント治療の流れ

①検査とカウンセリング

初めに精密検査を行い、治療計画を策定します。

②お口のクリーニング

安全に手術を行うためには、歯のクリーニングを行い、お口の中をより清潔な状態にすることが重要です。

③1次手術

インプラントを埋め込みます。手術時間は、本数やお口の状態によって変わりますが、おおよそ1~3時間程度かかります。

④2次手術

1次手術から数か月の期間でインプラントが定着したら、人工の歯を取り付けるための部品である「アバットメント」を装着します。

⑤人工歯の作成と装着

他の歯との咬み合わせなどを考慮しつつ、セラミックなどの素材でできた人工の歯を作成します。

人工の歯ができ上がりしだい、アバットメントに装着して治療は完了となります。

インプラントを取りつける手術はこれで終了となりますが、 手術後も定期的なメンテナンスを行うことで、口腔環境を良好に保つことが、 お口の健康のためにも、インプラントを長く使用するためにも大切です。

インプラント治療のよくある質問

Q:手術は痛い?

手術時は局所麻酔をするので痛みはありません。
しかし、術後に痛みが発生することがあります。この場合は痛み止めが処方されます。
基本的に抜歯のような強い痛みを感じることはありませので、ご安心ください。

Q:インプラント手術の後は通院するの?

手術後もメンテナンスのために定期的な通院が必要です。
メンテナンスの頻度としては、既往症やインプラントの状態によっても変わりますが、最低年に1~2回は受けることが望ましいです。
定期的にメンテナンスを受けることで、トラブルを未然に防いだり、早急に対応することができます。

年中無休で診療しております。お気軽にお電話ください。

042-785-5397

診療時間
10:00∼14:00
15:30∼21:00

※ 夜21時まで診療いたします。 詳細はお電話でお問い合わせください。

ページトップへ