矯正歯科

矯正歯科ORTHODONTICS

見た目だけでなく健康にも良い影響を与える「矯正歯科」について

キレイに歯並びが揃っていると、笑顔が素敵に決まります。笑顔が素敵になるだけではありません。歯並びは私達の健康にも多くの影響を与えているのです。歯並びの治療「矯正歯科」についてご紹介します。

矯正歯科とは?

矯正歯科とは、歯並びをキレイにするための治療です。その効果は見た目が良くなるだけではありません。歯並びが整うことでしっかりと顎と歯を使えるようになり、丈夫で健康な歯と顎の育成や維持にも役立ちます。歯並びが揃うことで、磨きにくい箇所なども減り、虫歯になる可能性を減らす効果も見込めます。予防歯科のような役割を果たすと言っても過言ではないかも知れませんね。

矯正が必要な噛み合わせの症状

以下のような症状・状態が見受けられる場合は、できるだけ早く歯の矯正を行うのがベストです。放置していると、思わぬケガだけでなく、顔の形の歪みや、頭痛などの体調不良を引き起こすこともあります。

乱ぐい歯・八重歯(叢生)

歯並びが凸凹になっている状態を「乱ぐい歯」といい、上の糸切り歯が歯並びから飛びだしている状態を「八重歯」と言います。八重歯があると日本では可愛らしいと言われますが、海外ではドラキュラの歯と言われることもあり、好まれません。磨き残しが出やすいので、歯周病や虫歯になりやすいと言えます。

受け口

下の歯が上の歯よりも前に出ている状態です。上手く食べ物を噛めなくなるだけでなく、発声に問題が出てくるケースもあります。

出っ歯

上の前歯が前にのめり出したような状態で、口を楽に閉じることができず、前歯を折ったり、くちびるを切ったりすることが多くなります。

開咬

前歯が噛み合わない状態です。おしゃぶりの期間が長い場合に発生しやすいです。前歯が上手く使用できないので、脆くなり、前歯の寿命が短くなってしまいます。

矯正治療の流れ

矯正治療の流れをご紹介します。

1:カウンセリング

矯正治療に関する悩みや疑問などをしっかりとお伺いします。歯の状態を見せていただき、矯正治療の大まかな説明、見通し、見積もりについてお話いたします。

2:精密検査

治療の方針を固めるために必要な、X線写真、模型、写真、問診等のデータ収集を行います。

3:診断

治療内容の詳細や、費用、かかる時間などをご説明いたします。複数の治療内容がある場合は、それぞれのメリット・デメリット特徴などをじっくりとお話し、患者様にとってベストの治療法を一緒に考えていきます。

4:治療開始 歯磨き指導・口腔内清掃

装置を付けた後は磨き残しが生じやすいため、矯正中の虫歯・歯周病を予防するために歯みがき指導を行います。口腔内清掃を行い、お口の中を清潔な状態にします。

5:矯正装置装

装置や歯の形状により、装着にかかる時間は前後します。装置の形は1人1人の歯型に合わせたものなので、歯茎や歯を傷つけてしまうことはありません。

6:定期通院

4~8週間に1度のペースで通院していただき、歯の状態を確認します。通院期間は患者様の顎・骨・歯並びによっても変化し、早い方では半年、遅い方では2年半ほどの時間が矯正完了に必要となります。

7:矯正が終了した後は「保定作業」

歯並びが揃ったところで、矯正は終了となりますが、このまま放置しておくと歯が元の位置に戻ってしまいます。そこで数年かけて保定していく必要があります。具体的には、歯型から作成したマウスピースを作成し、保定用のマウスピースを2年前後装着します。

年中無休で診療しております。お気軽にお電話ください。

042-785-5397

診療時間
10:00∼14:00
15:30∼21:00

※ 夜21時まで診療いたします。 詳細はお電話でお問い合わせください。

ページトップへ