初期虫歯

今回のテーマは初期虫歯についてです!

まず虫歯には、段階があります。
初期というくらいなので一番初めの状態でC0というのが、初期虫歯になります。
そして次に、C1という状態になります。こちらも初期に分類されます。
そしてそのさらに先にいくとC2、C3、C4と進んでいきます。

C0の状態
見た目
歯の溝が黒くなったりし、穴は空いていない状態。
そして歯の表面が透明感のない白になる。
もしくは薄く茶色になっていたりする。

症状
痛みはなく、この状態であればフッ素などで歯質を強化し、歯の再石灰化を促進すれば健康な状態に戻せる。

C1の状態
見た目
歯の表面にあるエナメル質がとかされて小さな穴があく状態。

症状
この時もまだ痛みはない。

C2の状態
見た目
C1の状態からさらに奥の象牙質という歯の層まで虫歯が到達した状態。

症状
冷たい物や甘い物がしみたりする。

C3の状態
見た目
むし歯が神経まで到達した状態。見える範囲の虫歯は大きくなくても、内部で広がっていることもある。

症状
腫れて激しく痛みがあったりする。

C4の状態
見た目
歯の歯冠部分(歯の見える部分)が崩壊して、ほとんど残っていない状態でさらにむし歯が歯の根っこにまで到達してる。

症状
神経まで侵されているので、痛みを感じなくなっている。
そして神経が細菌に感染すると、根っこの先に膿がたまってしまい、痛みが出る可能性や全身に及ぶ健康被害がでる可能性もある。
この状態までいってしまうと、歯を残すことが困難な状態になる。

以上のように、虫歯の状態は5つの段階があります。

歯を削ってしまうとどうしても歯の寿命は短くなります。
なので初期虫歯の段階ではなるべく歯を削らない治療がのぞましいです。
かといって何もせずに放置して虫歯が進行して最終的に歯を削るようになってしまっては、元も子もないですよね。

まだ穴があいてないような状態ならば、フッ素入りの歯磨き剤をつかったり、
歯科医院でできるフッ素塗布を定期的に行ったりし、
歯の強化と再石灰化をさせることで、むし歯に負けない健康な歯にすることができます。

そして歯に痛みが出た時点では、すでに虫歯が進行した状態になりますので、
自分で毎日歯の状態を確認したり、定期的に歯科医院で検診をうけたりして、
むし歯の早期発見をし、初期虫歯の状態のうちに治療ができるのが最良です。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、子供から大人まで無料でフッ素塗布を行っています。
そして歯の定期健診も随時行っていますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイスデンタルクリニック

年中無休で診療しております。お気軽にお電話ください。

042-785-5397

診療時間
10:00∼14:00
15:30∼21:00

※ 夜21時まで診療いたします。 詳細はお電話でお問い合わせください。

ページトップへ