親知らず

親知らずWISDOM-TOOTH

そもそも親知らずとは?

親知らずは、大臼歯のなかでも特に一番奥に生える歯のことをいいます。正式名称は、第三大臼歯です。多くの場合、20歳前後で生えてきます。

全ての人に生えるわけではなく、親知らずが生えない人もいます。本数も多くの方は全部で4本生えますが、4本全て生えない人もいます。

親知らずが生えることで強い痛みを感じる場合もあれば、痛みがない場合もあるなど、さまざまなケースがあります。

親知らずの治療を受けたほうがよいケース

親知らずは、必ずしも抜かなければならないものではありません。上下の歯がしっかりと噛み合っていれば、抜かなくてもよいケースもあります。しかし、何らかのトラブルを起こしている場合には、治療を受ける必要があります。以下にトラブルの例を挙げていきます。

斜めに生えている

親知らずが斜めに生えていると、磨き残しが生じやすく、虫歯になりやすくなります。全体の歯並びに影響を与えることもあります。

まっすぐ生えているが、出ている部分が中途半端

歯茎から中途半端に生えている場合には、プラークコントロールが非常に難しいです。歯垢が溜まりやすく、虫歯を発生しやすくなります。

上下のうち片方だけ生えている

咬み合う相手の歯がいないために、親知らずが長く伸びてしまうことがあります。親知らずが伸びすぎると皮膚にあたってしまい、歯茎を傷つけて口内炎などの症状が出やすくなります。 また咬み合わせが悪くなってしまうことで、顎関節症の原因にもなります。

抜歯時と抜歯後の痛みについて

親知らずの抜歯はかなり痛い、というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。 しかし、抜歯をする前に麻酔を行うため、抜歯自体での痛みはほぼ感じません。

ただ、麻酔が切れた後は、抜歯した部分の傷口の痛みが出てきます。

そのため、麻酔が切れるタイミングを考え、痛みを感じる前に痛み止めを服用することで痛みを抑えます。

その後も感じる痛みの強さによって、痛み止めを追加で服用するなど調整を行います。

その他、患部を冷やしたり、硬い食べ物を避けるなどして、できるだけ痛みを感じないようにします。

年中無休で診療しております。お気軽にお電話ください。

042-785-5397

診療時間
10:00∼14:00
15:30∼21:00

※ 夜21時まで診療いたします。 詳細はお電話でお問い合わせください。

ページトップへ