セラミック

今回のテーマはセラミックです!

銀歯にするか白く自分の歯のように見えるを歯をいれみたいなと思ったことはありませんか?

セラミックとは?
セラミックスとも呼ばれますね。
陶磁器などの物がセラミックであり、無機物を加熱して処理したものを、焼き固めた焼結体です。

そしてセラミックの中にもさらに種類が存在し、
一番身近なのがクラシックセラミックでしょう。
ガラスや陶器等の窯業産業物に使われます。

歯科ではニューセラミックが使われます。
ニューセラミックは非金属無機質固体を使って従来の物を改良した一群のセラミックです。
この中にも種類が存在し、酸化物と非酸化物系に分かれます。
酸化物系がジルコニアという素材等になります。
非酸化物系だとガラスセラミックになります。

セラミックの特徴としては、
・熱や電気を通しづらい
・高温で処理される
・化学的な安定性が高く、生体親和性もいい
・透明度がある
といった特徴があります。

そして歯科で使われてるセラミックには何種類かあります。
・ガラスセラミック
長石が主成分で、透明感のあるものになります。
綺麗で透明感はあります.

・強化型ガラスセラミック
ガラスセラミックを強化したものになります。
透明感が若干さがりますが、ガラスセラミックよりも耐久性があります。

・ジルコニア
ジルコニウムという金属の酸化物で、融点が2700度もあります。
他のセラミックに比べ耐久性がさらに高い物になります。
なので噛み締めが強い方等にも対応することができます。
そしてこちらの上に他のセラミックを組み合わせて、より審美性を追求することもできます。
そして生体親和性もいいものなので、最近ではこちらを選択される方が増えています。

歯科で使っているセラミックは上記の物があります。

次にセラミックのメリットと言えば、やはり白くて綺麗というのが一番でしょう。
他にもメリットはたくさんあります。
・金属を使わないので、アレルギーになる心配がない
 そして金属の溶け出しによる歯ぐきの変色もおこさない
・耐摩耗性が高いので、長年使っても歯がすり減りません
・吸水性がないため、コーヒーや色の強い飲食物の影響で着色される心配がない
・虫歯になりにくい素材のため二次虫歯になる可能性が低い
・前歯などの歯並びの矯正にも使える

セラミックには以上のようなメリットがあります。

ただし虫歯になりくいからといってメンテナンスをおろそかにしてしまうと、二次虫歯になってしまう可能性もあります。
なので丁寧なブラッシングや定期的な検診をうけることは非常に大事です。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、各種セラミックのお取り扱いがあります。
そして定期検診も随時受付ておりますので、
歯の掃除をしたい方や虫歯かな?という方は、お気軽にご相談ください。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイスデンタルクリニック

年中無休で診療しております。お気軽にお電話ください。

042-785-5397

診療時間
10:00∼14:00
15:30∼21:00

※ 夜21時まで診療いたします。 詳細はお電話でお問い合わせください。

ページトップへ