根管治療

今回のテーマは根管治療です。

いったいどんな治療かというと、歯の根っこの治療になります。
そもそも根管というのは、歯の神経や血管が入った管になります。
この神経や血管を総じて歯髄と呼びます。
根っこの先端から歯の中に入り、歯の成長や栄養を送る役割をしています。

どういった時にこの根管治療が必要になるかというと、歯髄が炎症や感染を起こした時に必要になります。

その原因とは虫歯が歯髄まで到達してしまった時や、歯に外傷や亀裂が起こった時や、歯の根っこの先に病巣がある時などです。

虫歯の場合、歯髄まで到達してしまった時は歯の神経をとる治療が必要になります。
そして神経を取ったままだと細菌が根管に侵入してしまうので根管治療が必要になります。

他には痛みがない場合でも歯の神経取らなければいけないケースもあります。

この根管治療ですが、治療をされた方が絶対に治るとは限りません。
なぜかというと根の先にできた病気の原因が管の中の細菌であり、根管治療ではそれを取り除きます。
しかし、歯の根はまっすぐな管ではなく、曲がっていたり、枝分かれしているため、
一度細菌に感染してしまった根管を完全に無菌化するのがなかなか難しいからです。
他には膿の大きさが大きすぎたり、根の先が溶けてしまい根の表面に細菌が着いてしまうこともあります。
こういった状態では根管からの掃除では細菌を取り除くことができません。
その他さまざまな原因で、一度症状が治まっても再発する場合もあります。

なので一度治療を終えてもその後の経過観察が必要になります。

治療自体はどうやって行うかというと、歯の管の中の掃除をすることになります。
器具と薬剤を使って丁寧に洗浄していきます。
そして汚れをすべて取り除いたら最後にお薬を管の中にいれます。

これで根っこの治療自体は終わりますが、このままだと薬剤をいれたままむき出しになってしまいますので、
上に詰め物や土台を作って被せ物を付ける必要があります。

こうすることによって歯の表面から最近の侵入を防ぐことができるとともに、
歯の形を取り戻すこともできます。

そして根管治療をされたことがある方は、歯の神経を取ってしまっているため、
痛みなどが出た時には、感染が広がっている場合がありますので、経過観察も大事になります。

なので歯の定期検診等にはこまめに通って予防していくことが大事になります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯の定期検診を随時行っていますので、
ご希望の方はお気軽にご相談下さい。また顕微鏡を用いた、マイクロスコープも取り入れております。
また虫歯の疑いやお痛みがある方もお気軽にご相談下さい。
当院ではCT設備もあり、3次元での画像が見られるため、
通常のレントゲン写真よりもさらに精密な検査をすることができます。
根管治療には非常にCTが有効になります。当院に通ってくださっています患者様は無料で撮影できますのでお気軽にご来院ください。
(他院様からの依頼の場合は2万円かかりますのでご了承ください。)

町田の歯医者 - 町田駅前グレイスデンタルクリニック

年中無休で診療しております。お気軽にお電話ください。

042-785-5397

診療時間
10:00∼14:00
15:30∼21:00

※ 夜21時まで診療いたします。 詳細はお電話でお問い合わせください。

ページトップへ