歯間ブラシ

今回のテーマは歯間ブラシです!

みなさんは歯間ブラシを使ったことはありますか。

歯間ブラシは、普段の歯ブラシだけでは取りきれない歯と歯茎の間等についた汚れを落とすことができます。
そうすることで、歯周病や虫歯のリスクを減らすことができます。
なので今回はお口にあった歯間ブラシの選び方や使い方をご紹介します。

まずサイズですが、S,M,Lのタイプがあります。
そしてそこからさらに枝分かれし、小さい方だとSSSS~S、大きい方だとL~LL等各メーカーからいろいろなサイズの物が出ています。
一番細いタイプは健康で引き締まっている歯茎向けになります。
そしてだんだんとサイズが大きくなっていくごとに歯の隙間の状態が変わっていきます。
Sは基本的に食べたら物が詰まる方用。
Mは隙間が空いている方やブリッジ等を装着している方用。
L以降は隙間に黒い影ができるくらい大きく空いている方用。

そして初めて使う場合は、サイズが分かりづらいとは思いますが、大きめサイズを買うよりは、小さめを買うようにして下さい。
大きくて入りづらい物を無理矢理押し込んでしまうと、出血してしまうこともあります。
なのでまずは、自分にあったサイズを見つけるところから始めるのがいいでしょう。

次に形がL時型とストレートなタイプと2種類がありますが、L字型の方が奥歯のブラシが通しやすく使いやすいかと思います。

使い方は、まず鉛筆のようにもって、力が入りすぎないようにします。
そして歯と歯の間の汚れを落としていきます。
歯間ブラシは基本何回も使えますので、使い終わったらきれいに洗って風通しの良い所において乾かします。
ブラシが元の長さより短くなったなと思ったら、交換時期です。

歯間部で汚れがたまりやすいのは、歯茎が退縮していたり、ブリッジを装着してる部分等になります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、保険でも歯石除去や歯のクリーニング等を常時行い歯周病治療や予防歯科に力をいれております。
歯間ブラシの選び方や使い方ので疑問点などあればお気軽にご相談ください。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイスデンタルクリニック

年中無休で診療しております。お気軽にお電話ください。

042-785-5397

診療時間
10:00∼14:00
15:30∼21:00

※ 夜21時まで診療いたします。 詳細はお電話でお問い合わせください。

ページトップへ