あなたは大丈夫?寝起きの口臭。原因を知って今日から予防

前日の夜に、ニンニクたっぷりのスタミナ料理を食べたり、飲み会でビールなどのアルコールをたくさん飲んだり……ということがないのに、寝起きの口臭が気になるという方は、多くおられますよね。きちんと寝る前にしっかり歯みがきをしているのに、朝起きた時の口臭がきつい、そんな場合の原因は一体何なのか。今回は、寝起きの口臭について解説していきます。

どうして寝起きは口臭がきつくなるのか

まず、普段起きている時間の口臭はまったく気にならない、という方は、多くいらっしゃるでしょう。これは、実は唾液のおかげなのです。唾液によって、口の中の汚れが洗い落とされたり、口臭の主な原因といえる細菌の増殖を防いだりすることができるので、口臭が気にならないのですね。

けれども、寝ている間は、日中の活動時に比べて唾液の量が少なくなります。加えて、口呼吸になっていると、唾液のおかげで流れていた汚れが留まり、口の中も乾燥することで雑菌が増殖してしまうわけです。それにより、口臭がきつくなってしまうのです。

寝起きの口臭がきつくなるのはこれが原因!

寝起きの口臭が気になる方は、次のチェック項目に当てはまるものがないか、確認してみましょう。

歯みがきが不十分

寝る前の歯みがきはバッチリですか?みがき方が不十分ではありませんか?口の中の汚れは、
できる限り落としてしまいましょう。

歯周病など、お口のトラブルを抱えている

むし歯や歯周病、口内炎などがあると、唾液の量が減る就寝中は、雑菌がより繁殖しやすくなります。

タバコを吸っている

タバコに含まれるニコチンの成分は、歯周病を進行させてしまいます。また、歯にこびりつくヤニは、さまざまなものを吸着させるので、歯の汚れが溜まってきます。

寝る前にお酒を飲んだ

アルコールが体内で分解される時、体の中の水分を多く使うことが知られています。飲んだ翌朝、喉が渇くのはそのせいですね。睡眠中に口内の唾液量が減るのに加えて、体内の水分も減少するのです。

口呼吸になっている

睡眠中に口呼吸になることは、デメリットしかありません。ウイルスなどが喉に直撃するので風邪を引きやすい体質になりますし、口の中が乾くと雑菌を抑える力が激減します。

また、口の中の細菌は、食後8 時間前後がいちばん繁殖しやすくなります。さすがに、夜中に一度起きて歯みがきをする、なんてことは現実的ではありませんので、次に紹介する予防と対策をチェックしてみてください。

寝起きの口臭を抑えるための予防と対策

しっかりと歯みがきをする

寝る前の歯みがきは、特に念入りに行いましょう。特に奥歯や歯の裏側など、みがき残しポイントも逃さないように。心配な方は、歯科クリニックで歯みがき指導を受けてみるのもおすすめです。また、歯みがきの時に、舌みがきをするのも効果があります。

お口のトラブルを改善する

むし歯や歯周病を改善したら、口臭が気にならなくなったという方は多くいらっしゃいます。歯みがきや口臭対策とともに、お口のトラブルの改善にもしっかりと取り組みましょう。

寝る前にコップ1 杯の水分を摂る

口臭の原因は、口の中の唾液量、水分が減ることで起こります。寝る前に水を飲むと、トイレが
近くなるから不安という方でも、コップ1 杯なら大丈夫ですね。

口呼吸にならないようにする

口呼吸は、睡眠中の無意識状態でのことなので、いくら自分で意識して口を閉じて寝ても、そのうち開いてしまいます。口呼吸防止・鼻呼吸促進のためのテープやクリップなどを活用してみてください。また、日中でもできるだけ鼻呼吸をするように意識するといいですね。

マスクをする

睡眠時に、どうしても口呼吸になってしまう方は、マスクをして寝るのも一つの手段です。マスクをすると、吐いた息が湿った状態でマスクの中でこもるのである程度の湿度を保つことができます。また鼻を出した状態でマスクをすると鼻でも呼吸ができるため、苦しくありません。

まとめ

いかがでしたか。接客のお仕事の方や、人と会うことがある場合などは特に、口臭が気になりますよね。お口のトラブルの改善や口呼吸を行うことで、口臭とサヨナラできるので、できることから行ってみましょう。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイスデンタルクリニック

年中無休で診療しております。お気軽にお電話ください。

042-785-5397

診療時間
10:00∼14:00
15:30∼21:00

※ 夜21時まで診療いたします。 詳細はお電話でお問い合わせください。

ページトップへ