デンタルフロスのコツ

正しい使方って?頻度は?デンタルフロスのコツ教えます

歯医者さんでデンタルフロスの使用を勧められて使っている人もいるかと思いますが、使い方が少し難しいと思ったことはありませんか?デンタルフロスを使用すれば歯と歯の間の食べかすや汚れを取り除くことができます。しかし使いづらいことも事実。使いやすくなる特別な方法はありませんが、ちょっとした工夫で、やりやすくなることもありますので、少しご紹介いたします。

デンタルフロスをうまく使うコツとは?

デンタルフロスを使い始めたけど、うまくいかないという人は少し工夫をしてみましょう。まずはロールタイプの糸の長さについて見ていきます。通常40~50センチぐらいが1回分の目安とされていますが、もう少し長く取り出してみましょう。持ち方は従来通り、中指に糸を巻き、人差し指でコントロールするようにします。糸を長くすることで奥歯に持っていきやすくなるかもしれません。40~50 センチというのはあくまでも目安ですので、自分の使いやすい長さがどれくらいなのか、いろいろ試してみてください。

また、歯と歯の隙間にデンタルフロスを入れる時に隙間の真上からグイッと差し込もうとすると結構力が入ってしまいます。少し糸を斜めに傾けてゆっくりと揺らしながら入れるようにすると力もいりませんし、自分でコントロールできます。そしていきなり奥歯からはじめようとすると口を開けすぎてしまい、頬の内側に余裕がなくてデンタルフロスをひっかけにくいことがあります。前歯からはじめ、順番に奥歯の方へ入れていくとフロスを入れやすい歯の角度など、感覚がつかみやすくなります。

ちょっとした注意で使いやすくなるかもしれません

デンタルフロスは歯と歯が接している部分に入れる時に入れにくいと感じます。そこで力をグッと入れてしまうと歯茎までデンタルフロスが入りすぎてしまい、歯茎を傷つけます。歯と歯の接する部分では左右に動かして力を入れずにゆっくりと差し込んでいくのがコツです。

また、デンタルフロスで汚れを取るにはデンタルフロスを歯に沿わせるようにして使うと歯の汚れが効果的に除去できます。歯と歯の間にフロスを入れたら両側の歯の表面をフロスでこするように前後に動かしながら上下に動かしていくと歯磨きでは取れない汚れをきちんと除去することができるでしょう。

うまく使うためにはデンタルフロスの種類を変えてみる

いろいろやってみたけど、やっぱりうまくいかない、という場合はデンタルフロスの種類を変えてみましょう。特に奥歯は口の開き具合によってはロールタイプのデンタルフロスでは糸をひっかけるのも難しい人もいるので、その時は柄がついているホルダータイプのものを使用するようにしましょう。

ロールタイプの方が安価で断然お得ですが、使いにくいために使わなくなってはよくないので、奥歯だけでもホルダータイプにするとかなり使いやすくなるでしょう。また、100円ショップでもホルダータイプのデンタルフロス(糸ようじ)が売っていますが、メーカー品より切れやすいようです。でも、奥歯だけの使用ならいいかもしれません。

デンタルフロスの利用頻度とタイミングは?

回数を増やせば汚れが取れていいか、というとそうでもありません。どんなに力を入れないように気をつけてデンタルフロスを使っていても歯の表面を傷つけたり、歯茎を傷つけてしまったりということも出てきてしまいます。デンタルフロスは多くても食後の歯磨きと同じ、1日3 回までとするのがいいでしょう。

また、デンタルフロスを使うタイミングは夜の寝る前が一番です。寝ている間は食べたり話したりすることがなく、唾液の分泌が減るために細菌が増えやすく、一番虫歯になりやすい時間帯です。そのため、寝る前にしっかりと汚れを落としておけば虫歯になるリスクを減らすことができます。そのような理由から夜、寝る前にデンタルフロスを使うのが効果的なのです。

まとめ

デンタルフロスは使い方が難しいこともありますが、歯と歯の汚れを取るには大変効果的なアイテムです。毎日デンタルフロスを使っていけば慣れていきますので、根気よく使って習慣化するようにしましょう。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイスデンタルクリニック

年中無休で診療しております。お気軽にお電話ください。

042-785-5397

診療時間
10:00∼14:00
15:30∼21:00

※ 夜21時まで診療いたします。 詳細はお電話でお問い合わせください。

ページトップへ